1万円札が無くなる?

人生教訓

1万円札を無くすかもしれない、そんなことよく耳にします。

理由は犯罪防止効果、貯金防止効果、経済促進効果、キャッシュレスー促進などが挙げられます。

しかし、僕はそんなことはないと思っています。

1万円札はなくならない。

防犯に関して日本はもともと犯罪率が低い。

さらにその中で万札が原因の犯罪は微々たるもの。

それに比べ万札を無くす膨大な作業の方が無駄すぎる。

しかも、強制的にやるなら、アフリカのどこかの独裁政権を彷彿とさせる。

貯金を減らす効果があるのは万札がなくなり、5000円や1000円札しかないから、大変だという。

注意してほしいのは、貯金ができなくなるわけではないのだ。

タンスが1つから2つなるだけ、いいえ、そんな大金があるならの話。

数千万円が貯金平均ならそんなのスペースが増えることもない。

経済促進効果が幻想だ。

万円札を崩したくないのは万札だからじゃない、一番大きい札だからだ。

つまり万札なくなると今度は5000円札を崩さなくなるだけだ。

大きい買い物の場合はそもそも現金を支払う人は少ないだろう。

100万円を持ち歩く人は極一部だけの特殊の人間。

逆に5000円を2ケース持ち運ぶの大変だけら、買い物をやめる人もいるだろう。

キャッシュレス化促進は本末転倒だ。

キャッシュレスと言えばハイテク、先進的、IT。

これらのキーワードは強制的とはあまりにかけ離れてるからピンと来なかった。

ITというのは便利で、興味を沸かせ、自ら進んでやらすもの。

で、それが進んだ結果、万札の需要がなくなって、自然と無くなるのが本来。

 

 




人生教訓