自動運転の普及で車の数が減る

IT WEB制作, 社会・経済

ちょっと前までは自動運転が普及したら、車がきっと増えると思っていました。

実は根拠がなく、深く考えた訳でもなかった。

道散歩時、時々思う、もしかしたら減るじゃないかなと。するときちんと整理してみたら、やっぱり減るだ。

そもそもなぜ人は車を買うのか?

基本はやはり移動手段としてですね、さらには荷物の運搬、運転がしたい、そしてかっこいい車への所有欲。

では自動運転が実現したら、どうなる?

タクシーが無人になり、AIの活躍ですごい効率化される。人件費がなくなった分、賃金が低くなったり、サービス設備などが改善される。

AIがもっと発展すれば、渋滞が劇的に緩和されれる。さらにこれまで運転さんが経験や感で待機エリアを決めたのが極めて正確になるでしょう。するとタクシーの必要台数がぐっと減る。

タクシーの利用は運転手との”人間関係”が結構決め手になるので、特に都会でタクシーが安く快適に利用できるなら、わざわざ自分の車を買う必要がなくなる。

僕が思うにはそうなった将来はタクシー業は実質、カーシェアリング業と化すだろう。

最終的にはウーバーみたいな企業が支配的な存在になる。正直そうなったら個人が車を所有する意味がなくなる。

トラックなども同じで運転手がいない分、休みなどがなくフル回転できる。

全自動運転になれば、ドライブの楽しさも存在しないので、ドライブを楽しみたい人は寂しいだろうけど。もっと言えば人の運転は特別事情・場所以外に犯罪になる、危険だから。

そんな状況の中で特別感がなくなり、車に対する執着もが薄れることでしょう。




IT WEB制作, 社会・経済