MacbookとWindowsを迷って、windowsにした理由

IT WEB制作, 人生教訓

Macbookはかっこいい、windowsは実務的、そんなイメージがあります。

今回はwindowsにした理由ですので、macbookを褒めても読み手に迷いがさらに生じるだけです。

私も買うときはいろいろな記事を参考に読みましたが、両方のメリットとデメリットを並べて、結局は「ご自分で判断してね」がほとんどです。

苦しい。

私は正直Macbook Proが欲しかった。単純に使ってみたい。

問題点は、値段が高い、windowsとの互換性が悪い、使い慣れていないくらいだ。

一番痛いのは、windowsとの互換性が悪さ。仕事に支障が出るかもしれない。

でもどれ頑張れば、何とかなる。

実はMacbookProが欲しい一番の理由はPythonやphpとの相性がいいというからだ。

さらにweb系のプログラミングはlinuxのターミナルなど関連ツールを使うのが必須です。

macbookならそれらがほぼ使えるが、windowsは無理。

しかし、調べれば、macbookに元からPythonが入っているが、それがPython2で古いバージョンなので、自分で新しいPython3をインストールしなければなりません。

phpに関してはPC上で仮想環境を作らずに、一般的なエディタを使っているので、特に問題なし。

Pythonもサーバー上でテストするので、Windows 10の「WSL(Windows Subsystem for Linux)」があれば足りる。

実際windowsを前提にしたPythonの解説本も多い。

でも、windowsにした決め手は別にありました。

Macbookのおしゃれを全面に出している映画やテレビCMでの宣伝が気に入らないからだ。

その見え見えの戦略に従いたくないどうしょうもない性格で。

使いこなすことなく、ファッション感覚でMacbookを買う人が、それも結構いると、すっかり冷めたというか嫌気がさした。




IT WEB制作, 人生教訓