車のスピードメーター 法定速度制限以上の180km/hまである理由

人生教訓

エンジンのパワーを制限速度ギリギリに作ることはできない。

でも、技術の問題ではない。

実際、車のスピードとエンジンのパワーはずっと比例する訳ではない。

というのは、例えば100km/hを出すのに、エンジンパワーは状況によって上下するのです。

つまり、エンジンパワーを大きく必要とする場合がある。

例えば、人をたくさん乗せた場合と運転手ひとりのときは同じ速度でも前者はよりパワーが必要です。

坂を上るとき、荷物を載せるとき、緊急の場合、、、よりパワーを必要とする場面は多いです。

車を運転するとき、加速が弱いとストレスになる、すごく。

渋滞の原因にもなる。

この加速はエンジンのパワーが大きいほど大きいです。

しかも、制限速度は関係ない、加速度ですから、法定速度内の話です。

ですので、大きめのエンジンは必要です。

それでも、スピードメーターは180km/hまで必要ない?

大きいエンジンなら、当然トップスピードが速くなる。

これは仕方ないこと。

でも、180km/hまであるからといって、出せってことではないのだ。

ドライバーの安全意志に任すしかないが、守らない人は必ずいる。

意図的じゃないけど、スピード超えてしまうことだってある。

100km/hまでしかないなら、100以上は100と同じだ。

だって100以上のメーターがないんだから、180も100も一緒ってことになる。

安全のためにも、「これだけのスピードが出てますよ!」は重要です。

感覚で分らなくても、数字は正直ですから。

感ではそれほどでもないのに、数字を見て「あ、やばい!」と思うときはよくある。

どれくらい超えているか分るほうがよいでしょう。

最後にひとつ、国際的常識では、法律はよく変わるものです。

スピードに関する法改正があった場合、車を作り直すわけにはいかない。

多分だけど、メーターを変えるだけでも結構なコストがかかると思う。

外国で売る場合は制限速度は違うし、いちいち違うタイプを作るのもコストかかるだろう。

なので、この件に関してはもう文句を言わない。

都市伝説も存在しない。以上w




人生教訓