コーヒーはドーピング

国民食ならず、すっかり国民ドリンクになったコーヒー、本当はドーピングなんじゃないかと思ったりします。元気が出るし、頭冴えるし、長時間頑張れるし、気持ちを強くしてくれるので、、、

コーヒーはもともと鬱病の治療に薬として用いたくらいですから、効能は絶大です。僕はカフィンにとても弱いため、コーヒーは苦手です。飲んだら絶対眠れないし、1週間のリズムが崩れる。

だが、一般的には冒頭で書いたようなメリットがあるのは間違えないし、多くの人がその恩恵を受けている。

このガチガチの競争社会では全力で走り続けるほうが圧倒的に勝つことができる。コーヒーがそれを助けてくれます。

しかし、みんなが飲むなら平等だが、飲まない人もいる。
この差が「ドーピング」なのだ。

さらに問題なのは、軽度の中毒性もあると思っています。たばこのようにずっと飲みたいもあるし、やめると気持ちの沈み具合は結構あります。

いつかコーヒー禁止の時代もやってくるでしょうか。たばこを悪いと思わない時代だってあったし。